Googleが2012年4月下旬に実施した検索エンジンのアップデート(通称ペンギンアップデート)によって、いわゆる小手先のSEO施策は通用しなくなり、とりわけ悪質なサイト(スパムサイト)からバックリンクを受けている場合は、サイトの順位に悪い方向に大きく影響を受けるようになりました。このアップデートによってスパムを使って無理やり上位表示を行ってたサイトが姿を消すことになったので、検索結果の健全性が高い水準で守られるようになりましたが、その反面で困ったことも起きていました。

この新しいアルゴリズムを逆手にとって、競合サイトの妨害を行うものが出てきたり、今まで影響が無かったため放置していたバックリンクが突如として悪影響をもたらすようになったが対抗手段がないといった事態が発生していました。

その救済処置として「リンク無効化ツール」をリリースしたとの告知が、WEBマーケティング関連の巨大イベント「PubCon(パブコン)」にて行われました。リンク無効化ツールはすでにウェブマスターツール上で公開されています。

link
赤いボタンを押すと、以下の画面に遷移します。

link2


非承認にしたいリンクの登録については非常に簡単で、テキストファイル上に、一行ずつ非承認にしたいリンクを書いていくか、”domain:degi.doorblog.jp”といったように書いてドメインごと非承認にするように指定するかして、そのテキストファイルをアップロードするだけでOKです。ファイルサイズの上限は2MBとのことですが、正味テキストファイルで2MB分って相当な量なので、そこまで行くことはほぼ無いでしょうし、そんなサイトならいっそのこと作り変えたほうが手っ取り早い気もします。非承認リストの記入例を一応記載しておきますので、ご参照ください。
# degi.doorblog.jp のオーナーに 2012 年 ○ 月 ○ 日にリンクの削除を依頼。しかし返事が得られなかった。
domain:degi.doorblog.jp
# degi.doorblog.jp のオーナーはほとんどのリンクの削除に応じてくれたが、一部削除できていないリンクが残っている。以下がその一覧。
http://degi.doorblog.jp/sample1.html
http://degi.doorblog.jp/sample2.html
http://degi.doorblog.jp/sample3.html
※文頭に#がつく場合はコメント扱いになるので無視されます。

詳しい情報は
Googleウェブマスター向け公式ブログ
をご参照いただければと思います。

個人的に小手先のSEOに走る前に、コンテンツを浴するための努力をすべきだと考えていますし、良質なコンテンツ同士の結びつきを大事にしていくことは大いに賛成なのでGoogleの取り組みには大いに賛成です。しかし、知っておかないと憂き目にあってしまうこともありえるのでGoogleのガイドラインはこまめにチェックしておくことをおススメします。