タグ: Eversion

注)この記事にはネタバレを含みます。Eversionをプレイ予定の方の閲覧はご注意ください。

つい先日、Eversionというフリーゲームをダウンロードしました。

最も怖いアクションゲーム『Eversion』


短いゲームだったので、日曜中に最終ステージまで終わらせることが出来ました。ラストがちょっと衝撃的だったので、触れさせて頂きます。

いよいよ最終面。すでに不穏な空気が漂っています。(ちなみにこのときのBGMは心臓音のみ)

eversion

途中、何度か死につつもゲームを進めます。この局面になると敵もかなりグロい感じになっています。

eversion5

で、なんとか悪戦苦闘しつつもゴールすることが出来、お姫様?と感動のご対面。

eversion4

いや~、「なかなかに難しかったけど、おもしろかったなー」とか思っていると、なにやら不穏な感じに。。

eversion3

あ、あれ?もしかしてお姫様がラスボスってオチ?とか考えていると。

eversion2

はい、このままゲームオーバーですよ。。ちなみにこの後スタート画面に戻るのかと思いきや画面自体落ちてしまって、何気にそこが一番びくっとしました。良い演出です。

このエンドはいわゆるバッドエンドで、真のエンディングが用意されているとのことです。(ヒント:獲得したGEMの数)

これまでの面でとり損ねたGEMが結構あるので、それを獲得してからエンディングを迎えたいと思います。


Eversionというフリーゲームをご存知でしょうか?

このゲームは最も怖いアクションゲームといわれており、すごく興味を引かれたので、早速ダウンロードしてみました。 (無料版とグラフィックやBGMが強化された有料版があるみたいですが、お試しということで無料版をDLしました)

このリンク先でダウンロードできます。


ゲーム自体はレトロな横スクロールのアクションゲームといった感じで、ステージの作りもマリオを彷彿とさせます。野球のグローブに足が生えたような生物(みかんの皮とも呼ばれているみたいです)を操作し、GEMと呼ばれる宝石を集めるのがこのゲームの目的です。

また、動作やステージはよくあるアクションゲームなのですが、このゲームの最大の特徴として、ステージを反転(Eversion)させることが出来ます。この反転を行うことでステージを進めることが出来たり、GEMを回収することができるといった仕様になっており、ちょっとしたパズル的にステージ攻略を楽しめます。


そして、このゲームが最も怖いアクションゲームという評判がついている理由ですが、パッと見のビジュアル的な面だと、よくあるレトロゲーという感じなので、あまり怖くはありません。実際、ホラーゲームとして制作されているわけでもないですしね。しかし、火のないところには煙は立ちません。怖いとされる主な理由は以下でしょうか。。


・反転後のBGMが不気味すぎる

・反転後のステージが荒廃してて不安定な気持ちになる。

・巨大な手がいきなり飛び出してきたり、画面が闇に侵食されるなど初見殺しのギミックがある。

・ステージが進むにつれて、敵のグラフィックやブロックがグロくなる。

・死にすぎるとゲームオーバー時の文字が変わる(Ready!からReady! to die 等)。

・エンディング…。


また、このゲーム何気に難易度高いです。アクションゲーム特有のあせりや緊張感と恐怖心をあおる演出があいまって、より一層のスリルを楽しめます。また、ゲームの仕組みも斬新でとても面白いです。

連休前にenchant,jsを使ってゲームを作ろうと予定していましたが、恥ずかしながらゲームの構想すら練れていませんでした。このゲームをプレイしてちょっとインスピレーションが沸いたかも。



br /