タグ: 設定

Androidのスマートフォンを機種変更したらやっておきたいことということで書いていきますが、簡単に言ってしまうと、各キャリアの縛りから開放される&以下にスムーズに機種変前の環境を復元できるかというのが肝になります。 

その1:プリインストールされてあるキャリア謹製ホームアプリを変更する

auやソフトバンクにはあるのかどうか実はわからないのですが、2011年の夏モデル以降のNTTドコモのスマートフォンには『docomo Palette UI』というホームアプリがプリインストールされており、デフォルトでは有無を言わさずこのアプリが起動することになります。人によってはこのアプリを気に入っている方もいらっしゃるかもしれませんが、肌感覚では、動作が鈍くなったり通常よりメモリを消費したりなどパフォーマンスが低下しているように感じます。しかもこのホームアプリ、Root権限がないと削除も無効化も出来ないというのだから、仕方なく使っている人も多いんじゃないでしょうか?
ただ、キャリアが作ったホームアプリではなく端末標準のホームアプリを使うことが出来ないかというとそうではなく、ちゃんと方法は用意されています。
僕が持っている端末(Xperia Z)を例に挙げると、設定画面からXperiaという項目を選択、優先アプリ設定の画面を開き、一括もしくは個別かで優先的に使用するアプリを選択します。
xpeiraz01xpeiraz02
xpeiraz03xpeiraz04
他のスマートフォンでは、当然設定方法が違うと思いますが、大体にして似たような操作方法だと思います。
どうしてもやり方が分からない場合は、設定、アプリから実行中の『docomo Palette UI』を選択し、強制停止ボタンを押してホームに戻ると、どちらのホームアプリを利用するかポップアップで尋ねてくるので、それを選択するというのもでOKかと思います。

その2:使わないプリインストールアプリを削除する

これは以前に、これ単体を記事にしました。詳しくはそちらを参照して頂きたいのですが、大雑把にとれる手段は3つあり、「(ICS以降に限る)アプリの無効化」「ホームアプリを別途ダウンロード」「adbコマンドを使う」の3点です。
使わないプリインストールアプリを非表示にする方法
バックグラウンドで動き続けるアプリもあるため、邪魔なだけではなく、パフォーマンスにも影響しますので、これは是非やってみたほうが良いとおもいます。今後発売される端末はAndroid4.1.1からになるかと思いますので、機種変更の際はどの方法でも可能かと思います。

その3:機種変更の場合)前端末で利用していたアプリの設定を新端末に引き継ぐ

これも以前にこのブログで記事にしたトピックスですが、ICS以降はadbコマンドを使って出来ることが多くなり、その中でもメリットが高そうなのが、設定を含めたフルバックアップが可能になったということです。
ICS以降対応のadbコマンド「adb backup」を使ってrooted無しでバックアップを可能に
リンク元の記事ではシステムファイルを含めた全体について書いていますが、アプリごとにバックアップを取ることも出来ます。その方法を使えば、設定を引き継いだ状態でアプリを利用できるので手間を抑えることが出来ます。詳細についてはリンク元を参照して頂ければと思いますのでかいつまんで説明します。
adb backup -f “バックアップファイル名.ab” -apk “バックアップを取りたいアプリ”
もっと具体的に書いてみます。例えばLineのアプリを設定を引き継いだ状態で取得する場合、以下のような記述になります。
adb backup -f line.ab -apk jp.naver.line.android
といった具合になります。adbコマンドがうまく実行されれば、端末側でパスワード設定が求められるので、それを設定します。その後は新しいスマホとPCをつないで以下のコマンドを実行します。
adb restore line.ab

 パスワードを入力すればこれで設定そのまま引継ぎ完了となるはずです。はずというのもかなりあいまいな表現ですが、実は前端末である『Xperia NX』はこのadbコマンドを使っても、はたまたXperia用管理ソフト「PC Companion」のバックアップメニューを使っても失敗するため、確信を持ってお話できないというジレンマがあるのですよ。。 以下のサイトがわかりやすくて参考になるのでリンクを貼っておきます。

Android版 パズドラを機種変更でバックアップ&データ移行方法


その他、端末によってやるべきことは変わってきますが、以上を覚えておくと便利だと思いますよ。



HTML5が次世代規格じゃなくなりつつある現在、いまさら感は多少ありますがまだまだニーズも高く、仕事として入ってくることも多いFlashについて書かせて頂きます。


先日受けたFlashの制作依頼について、クライアントと何度か校正のやり取りをしていると先方から、「直っていない」と注意を受けてしまいました。こっちの環境ではちゃんと修正内容が反映されているので、ブラウザのキャッシュを消してもらうようにお願いをして、再度確認してもらっても何にも変わっていないとのこと。

極稀にこういうことがあるんですが、どうもFlashの場合はブラウザとはまた別に記憶領域を持っていて、そっちを消さないと切り替わってくれない場合があります。

消し方はそんなに大変でもなく、

コントロールパネル>Flash>記憶領域のタブ>「すべて削除」クリック

FL

もしくは、WEBサイトでFlashの上で右クリックして、設定を選択し、ローカルストレージを0にするという方法おあります。

FL2


あんまりあることではないので、その都度いろいろとやり方を探っていたのですが、せっかくなので備忘録代わりに。



Ubontuのインストールも完了したので、実際に使えるように、まずは初期設定を行います。

といっても、使い始めたばかりなので、本当に最低限の設定しか行っていませんが。


1)日本語表示の設定

画面の右上の歯車マークからシステム設定を開き、言語サポートをクリックすると「言語サポートが完全にはインストールされていません」というメッセージが表示されるので、インストールを行います。

再起動後、日本語表記になっていることが確認できます。


2)日本語のインプットタイプの追加

キーボード入力について、当然といえば当然ですが、初期設定では日本語入力はプリセットされていません。

画面上部のキーボードマークを右クリックし、設定をクリックします。するとIBusの設定というウインドウが開きますので、ウインドウ内の二番目のタブ、インプットメソッドを表示し、インプットメソッドを選択し「追加」ボタンを押してください。これで日本語入力が使えます。入力タイプの切り替えはWindowsと同じく「半角/全角」キーで切り替えられます。


3)WiFiの設定

システム設定>ネットワーク>無線から接続可能なネットワーク名を選択します。WPAキーを求められるので、WPAキーを入力して接続してください。接続完了後、ネットワーク設定の画面上に「オプション」ボタンをクリックしますと、オプション設定のポップアップが表示されるので、そこで「自動接続する(A)」にチェックを入れて「保存」ボタンをクリックしてください。


調べているとまだまだいろんな設定をする必要があるみたいですが、いかんせんまだあまり触れていないので今回はここまでにします。