タグ: 不具合

2

NTTドコモから販売されている、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン『Xperia AX(SO-01E)』にて、おサイフケータイが利用できないという現象が報告されていました。それを受けてドコモが対処方法についてのドキュメントを公開したのですが、それがヤバイ。

NTTドコモは、この現象について以下のように述べています。


■事象の内容
SO-01Eにおいて、おサイフケータイの読み取り機へのかざし方により、ご利用できない場合がございます。

■発生する原因
SO-01Eと読み取り機との相性によって発生することが確認できており、ご利用になる店舗やサービスによって発生する場合がございます。

この問題に対して、ドコモは、以下の3種類かざし方を何度か試すと読み取りが可能なると案内しています。

001156
 何というか、”テレビの写りが悪くなったとき、適当に叩いてみたら何となく写った”というブラウン管テレビを持っていたら一度は経験したであろう、あの伝説の処置方法にも似たテイストを感じます。修理窓口に問い合わせてこの回答が返ってきたら悪い夢を見ているんじゃないだろうかと開いた口が塞がらないと思いますが、ドコモは夢で終わらせてくれません(ハードの問題っぽいのでソニーかもしれませんが)!
 でも真面目な話、おサイフケータイの需要って清算時にもたつかないというのがアドバンテージなので、万一混雑したレジで、もしくはラッシュアワーの電車でこの現象が発生したら、却ってかなり迷惑がかる恐れがあるんですよね。それにいかにもテンパってる感じがして嫌な感じもします。対症療法的な対応ではなく、修理対応か不具合が解消されたものと交換とかじゃないとユーザーは納得しないんじゃないでしょうかね。
なお、 auで発売している『Xperia VL』でも同様の現象が起きるか確認中ことのことです。

docomo with series XperiaTM AX SO-01E サポート情報


5

makebelieve

このブログでも何度か取りあげましたが、ソニーの『Xperia Tablet S(以下ペリタブ)』については、スリープ時に電源がオフになるという現象がかなりの頻度で発生しており、どうにかしたいと常々考えていました。自分なりに考察したり、アドバイスも頂きながらいろいろ試みました。自分のタブレットではそれなりに効果が出ていましたが、このブログを訪れたペリタブユーザーにはいまいち効果が出なかったりと、きちんとした解決を得ることが出来ず、悶々としていましたが、本日意外な顛末を迎えることになりました。

本日の15時ごろに、ソニーの修理窓口の担当者から僕に電話があり、先日のアップデート(release6b)に,スリープ時に電源が落ちるという問題に対する改善が含まれていて、おそらく電源問題については解決したtとことこで、その後の経過について確認の連絡をもらいました。僕はこの電源が落ちるという問題に対して、ソニーには相当な回数の問い合わせと改善要求をしており、改善の目処が立てば教えてもらえるようにネゴシエート(クレームともいう)をしていました。先日のアップデートは表向きにはSDXCメモリーカードの対応ということでしたが、330MBというかなり大きめのアップデートであったため、他の項目も含まれていそうだとは感じていましたが、まさか電源オフ問題についての改善があったとは思いもよりませんでした。

何が原因で、どこを改善したのかということについてサポセンの担当者に尋ねてみましたが、どうもそこまでの情報がおろされていないようで、「お伝えできる情報はありませんが、アップデート内容に本件が含まれています」とのことで、結局何が問題になっていたということはわからず終いなのは歯がゆいところですが。

僕のペリタブは「Googleの位置情報サービス」をオフにすることで、その後安定稼動しており、アップデートにより不具合が解消されたかどうかについては実感できていませんが、今回のアップデートにより、いままで同じ悩みを抱えていたぺリタブユーザーの悩みが解消されればと切に願っています。アップデートから不具合が出なくなったということが実感できた方は是非教えて頂きたいと思います。


関連記事
『Xperia Tablet S』のアップデート(rerease6b)でSDXCメモリーカード対応に!
『Xperia Tablet S』のスリープ中に電源が落ちる不具合検証の途中経過について
『Xperia Tablet S』のスリープ中に電源が落ちる不具合検証の途中経過について



4

『Xperia Tablet S』のスリープ時の電源オフについて、このブログでは再三にわたって記事にしてきましたが、このブログに訪れた方から「Googleの位置情報サービスをオフにすると電源落ちが解消する」というコメントを頂き、早速それを試してみました。

『Xperia Tablet S』のスリープ中に電源が落ちる不具合検証の途中経過について
『Xperia Tablet S』のスリープ時の電源落ちについて引き続いて検証してみた

22日にコメントもらいそこから4日程経過しましたが、それからスリープ時に電源が落ちることは一度もありません。設定方法はとても簡単。設定画面から「位置情報サービスメニュー」を選択し、「Googleの位置情報サービス」のチェックを外すだけです。

31
そもそもこの「Googleの位置情報サービス」とは何ぞやということですが、WiFi利用時にGoogleに位置情報(厳密にはWiFiのSSID)を送信することで、GPSを使わなくても位置情報を取得することが可能になるというものです。これを使うメリットとしては、Googleが蓄積している位置情報のデータベースと連携し、検索時に最適な結果が表示されたり、MAP利用時に近くにあるお店やスポットを検索できたりするということです。またGPSよりも安定して利用が可能とも言われています。以下のサイトに詳しくてわかりやすい説明が記載されています。

Androidの位置情報送信 何に使われてるの?送信しないようには?

電源が落ちるという点においてはこれで解消できそうですが、ただ「Googleの位置情報サービス」が利用できないことでアプリによっては機能が制限されてしまうため、問題をトレードオフするということに留まります。今後のアップデートで抜本解決がされると良いのですが。