タグ: スマートフォンアプリ

4

先日発売されたヘッドホン「MDR-1R」の視聴をしにソニーストアに寄ったついでに、12月20日~1月31日までの期間限定で、ソニーがキャンペーンを行っている『HEADPHONE MUSIC FESTIVAL(以下HMF)』を試してみました。

hmf
Headphone Music Festival (HMF)

このキャンペーンの概要を一言で説明すると、AR(拡張現実)技術を用いた、スマホ画面がライブステージに早変わりするといったもので、ソニーにしてみればヘッドフォンとコンテンツを今もっとも注目が集まっているスマートフォンというデバイスを用いて、センセーショナルなプロモーションを打って出たというところでしょうか。

やり方はとても簡単で、まずGoogle Playで”HMFアプリ”をダウンロードして(iPhoneは非対応)、各アーティストのデータをダウンロードして、ARマーカーとなるポスター、Tシャツ、PC画面を読み取るだけでスマホがライブステージに早変わりします。

このキャンペーンに参加しているアーティストは「androp」「the BeatMoss」「BOOM BOOM SATELLITES」「夙川Boy's」の4組です。出先だとダウンロードに時間が結構かかってしまい(体感で4~5分ほど)、店頭では「BOOM BOOM SATELLITES」のみにしましたが、ウェブ上でマーカーを公開しているとのことなので自宅で他のアーティストの分も見てみました。AR技術特有の立体的かつ臨場感のある表現方法は、通常の動画では出来ませんし、プロモーション方法としては面白いと思いました。

▼BOOM BOOM SATELLITES
Screenshot_2012-12-23-16-13-17

▼the BeatMoss
Screenshot_2012-12-23-16-20-36

▼androp
Screenshot_2012-12-23-16-21-11

▼夙川Boy's
Screenshot_2012-12-23-16-22-23

ただ、ソニーストアではこのキャンペーンで販促の対象としているのは、主に「MDR-1R」「MDR-XB900」「XBA-40」の3機種ですが、いずれもハイエンドとは行かないまでも、エントリーモデルとは言い難く、それなりにこだわりを持った人が購入層なんですよね。おそらく、これらのモデルを購入する人はスマホに直挿しはしないでしょうし、もっと言えば音源データにしても、無圧縮や可逆圧縮などこだわりを持っているんじゃないでしょうか。またプロモーションの質としても、インパクト重視で若者中心に支持を集めるアーティストを選定しているところを見ると、高級ヘッドホン購入層とは少し方向性が違う気もします。なのでプロモーション方法としては素晴らしいと思うんですが、ターゲットの選定を少し見誤ってるのではないかと。でも面白いとは思いますし、自宅で気軽に楽しめますので、興味を持った方は是非!




4

なにやら、ソニーがXperiaユーザーにお得なアプリ『Xperia Lounge ベータ版』を提供開始したと、公式ブログポータルで発表しています。

Say hello to Xperia™ Lounge

このアプリは、ソニー及び協賛企業が提供する音楽、映画、ゲーム、スポーツイベントをいち早く知ることと体験することが出来るというアプリで、このアプリからでしか応募できない懸賞やダウンロード可能なゲーム、その他特典が盛りだくさん。すべてのAndroidユーザーが利用可能なアプリではありますが、Xperiaユーザーは"VIP"という扱いで、Xperiaユーザー限定のメニューが多数用意されています。

screenshot_2012-11-20_1919screenshot_2012-11-20_1920
Xpeira Loungeダウンロードページ:Google Play

まだローンチからほとんど時間がたっていないので、多少の不足感はありますが今後充実していけば、Xperiaの付加価値が高まってくるかもしれません。一応僕自身もダウンロードしています。日本版のサイトが見つからなかったので、全部英語かと思っていたら日本語にも対応していたので助かりました。(少しおかしな日本語ですが・・・)

 目玉としては、公式ブログでも書いてあるとおり、ColdPlay最新シングルの限定アートワークに、『アメージングスパイダーマン』のDVD発売記念キャンペーン、人気を博しているエクストリームスポーツの大会『Mega Ramp』をスマホで遊べる無料のゲーム、そしてFIFAクラブワールドカップのペア観戦チケットが当たるクイズ等が挙げられます。

ただベータ版だからか、かなり重いですけどね。