カテゴリ : SEO

SEOに効果があるかどうかは明らかになっていませんが、GoogleのPandaアップデートについてのガイドラインに、404のエラーページの品質について言及があったのは確かなようです。

因みにGoogleのWebマスターツールのガイドラインにも以下のように記載されています。

  • ユーザーに対して、探しているページが見つからないことを明確に伝えます。親しみやすく魅力的な言葉を使用します。
  • 404 ページを、サイトのその他の部分と同じデザイン(ナビゲーションを含む)にします。
  • 最も人気のある記事や投稿へのリンクの他、ホームページへのリンクを追加します。
  • 無効なリンクを報告する方法をユーザーに提供するのも 1 つの方法です。
  • この 404 ページがどれほどきれいにデザインされ、役に立つものであっても、これを Google 検索結果に表示したいとは誰も思わないでしょう。404 ページが Google や他の検索エンジンのインデックスに登録されないようにするため、存在しないページがリクエストされたときにウェブサーバーが実際の 404 HTTP ステータス コードを返すことを確認します。
  • 404 拡張ウィジェットを使用すると、カスタマイズした 404 ページに検索ボックスを埋め込んで、ユーザーが必要とする情報を検索できるようになります。 
  • アドレス変更ツールを使用して、サイトの移転について Google に知らせます。

ふむふむ、デザインを合わせて、人気のコンテンツや検索窓を盛り込みつつ、キチンと404スタータスコードを返すことが慣用ということですね。

 一応、簡単にですが、各サーバーの設定方法についても書いておきます。※細かい環境等については、千差万別だと思うので、了承ください。

Apache(アパッチ)の場合

Apacheではルートディレクトリに設置している「.htaccess(webサーバーの動作を制御するためのファイル)」に以下の記述を付け加えるだけでOK。
ErrorDocument 404 /404.html(ルートディレクトリの404.htmlをカスタムページとする場合)


IIS(ver.5 or 6)の場合

Windowsサーバーで利用されるIISについては、コンソールで設定できるので、簡単ではありますが、Apacheよりも面倒な手順になります。
 1. IISを開いてカスタマイズ対象のサイトを選択する
 2. 右クリックでプロパティを選択する
 3. プロパティのウインドウが開くので、Custom Errorsのタブを開く
 4. ステータスコード一覧から404をダブルクリックしてその設定を編集する
 5. Edit Custom Error Propertiesのダイアログで、Message typeのドロップダウンをURLにセットする
 6. URLを入力するテキストボックスで、/404.htmlを入力して下して、OKをクリック


細かいバージョンの差などはあると思いますので、自前のサーバーを確認して詳細を調べてから行うことをお勧めします。
 それよりもユーザーのストレスを軽減できるエラーページを作ることが肝要かと思います。


7月18日にGoogleのアルゴリズムがアップデートされました(通称Pandaアップデート)。このアップデートではサイトの品質をアルゴリズムで評価するといったもので、ユーザーにとって価値の薄いサイトや、他のサイトの内容をコピーしただけのサイトは検索上位から姿を消すことになります。SEO(検索エンジン最適化)対策といった小技を嫌うGoogleらしいアップデートですが、ではGoogleがいうところの良質なサイトとは何でしょうか?

本日の昼ごろ、GoogleのWebマスター向けの公式ブログにて良質なサイトの定義について正式なコメントがありました。

そこで挙げられている良質なサイトの条件は以下の通りです。

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • のサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

もともとGoogleの思想にあった、ユーザーが知りたい情報を的確に表示するということを突き詰めた感じです。仕事柄SEO対策は日頃から取り組んでいましたが、Googleで上位表示をしたければ、設定したキーワード、ディスクリプションとコンテンツの内容をマッチさせるとか、情報量を充足させるためにコンテンツの内容をひねり出したり、見出しタグ<h1~3>に適切なキーワードを盛り込んでサイトを見やすくする努力をするなど、SEO対策がそのままサイトクオリティ向上につながるような仕組みになっていました。(あくまでキチンとやっている場合で悪質なSEO業者というのも存在しており、スパムまがいのSEO対策を平気で行うところもあります。)

しかし、コンテンツがコピーかどうか、役立つ情報が掲載されているかどうかの精査が行われるということは、今まで何とか騙しだましアルゴリズムのご機嫌取りを行っていたWebマスターからしたら脅威となるでしょう。

このブログでもユーザーにとって有益な情報を提供したいと心がけています。