カテゴリ : 未分類

5

都市型フェス『KAIKOOOOOOOOOOSAKA 2012』に言ってきました。13時から受付開始で先着100名にPOPGROUP謹製福袋がプレゼントされるということなので、とりあえず12時半すぎに並んでみました。その時点ではそんなに行列が出来ているわけではなかったので、福袋も難なくGETできました。

DSC_0046
DSC_0048
中身はハンドタオルに、ステッカー4枚、CD4枚、DVD1枚でした。無料の福袋なのでもとよりそんなに期待はしていませんでしたが、ボリューム的には結構ある感じです。

15時から開演なので結構な時間が空くため、一旦帰宅をしました。都市部に住んでるとこういうときにメリットを享受できます。そうでなくても都市型フェスなので周囲には時間をつぶせる施設にはこと欠かない為、待ち時間はそんなに苦にならないと思いますが。

15時になり再度アメ村に向かいライブを楽しむことにしました。僕が見に行ったアーティストは以下の通り。

  • 流血ブリザード
  • 志人
  • DAMAGE
  • HEAD BANGERZ
  • kireek
  • Shing02
  • 環ROY

全体通して非常に満足しました。特に良かったのが、流血ブリザードShing02環ROYですかねー。流血ブリザードはイロモノ的なものも見といたほうがいいと思って行ったんですが、なかなか良かった。もちろんイロモノには違いないですが、演奏は意外にもきっちりしてて、ライブパフォーマンスも素晴らしかったです。大阪出身だけあってMCも面白かったですしね。

Shing02はこのイベントでも目玉となるアーティストだけあって観客も非常に多かったですね。未発表曲の披露から「Battlecry」「Luv(sic)」「真吾保管計画」「誰も知らない」「400」「銃口」などおなじみの曲までサービス精神満点のライブでした。40分ほどでしたが、とても濃い時間で、これだけでも充分すぎる程、チケット代以上の価値があったと感じました。

環ROYは、やっぱりライブ上手だなーと感じました。ヒップホップのライブで一言一句聞き取れるということはやっぱ凄い。(KAIKOO全体とおしてPAがめちゃくちゃ良い仕事をしていたというのもありますが)ステージから降りてパフォーマンスしてくれるなど、ファンサービスも手厚い感じでした。曲は「Break Boy in the Dream」から始まり最新アルバム「あっちとこっち」の曲を中心に演ってくれました。

逆に残念だったのがDAMAGE。5、6年ほど前にライブをみたことがあってそのときはニューウェーブっぽいロックにエレクトロをうまく融合させた感じで、純粋に格好良いと思ったんですが、今回久々にみた率直な感想は、「なんか凄いチャラい」です。観客も女の子が多かったし、客層もひときわ若い感じがしました。凄く盛り上がってたので、時代にマッチしているのかもしれませんが、30目前のおっさんにはキッツい感じですね。

来年も大阪ややるなら是非行きたい。そう思えるほどに良いイベントでした。




5
いよいよ本日開催される『KAIKOOOOOOOOOOSAKA 2012』!二ヶ月近く前からチケットを購入していた僕としては、一日千秋の思いでこのときを待っていました!
『KAIKOOOOOOOOOOSAKA 2012』とはPOPGROUPというインディーズレーベルが主催している都市型フェス”KAIKOO”をなんと大阪で開催するというもの。
ヒップホップ色の強いレーベルなので、ヒップホップアーティストが多く参加しており、都市型フェスというだけあってアメリカ村の10のクラブやライブハウスで同時開催されるというのが大きな特徴です。
もちろん、ヒップホップ以外にも多彩なジャンルのアーティストが多数参加しますので、多くの人が楽しめるイベントとなっています。

18歳未満の方は通常よりも安い値段で入場でき、15歳未満の方は入場料無料という心づくしも憎い!チケット自体も元々そんなに高くないですしね。(当日4,500円/前売り4,000円)

kaikoo
KAIKOOOOOOOOOOSAKA 2012公式サイト

ヒップホップのイベントというわけではありませんが、ヒップホップ色が強いイベントです。ヒップホップにはネガティブなイメージも相当に根強く、今でこそそ一ジャンルとして認知されていますが、まだまだ一般的なポップスと比べると敬遠されがちなので、このように多くの人が参加できるイベントを開催することはシーンの発展に大きく寄与するんじゃないでしょうか。
個人的にはShing02環ROY、DAMEGEは見に行きたいところですが、Shing02と環ROYが微妙に時間がかぶってるんだよな~。それだけが残念。

下の動画は、2010年開催のKAIKOOで語り草になったライブ。今年もこんな素晴らしいライブが見れれば最高です。



4
米レクサスのある広告が、今とても話題になっています。ぱっと見普通の雑誌の1P広告なんですが、iPadで特定の画面を表示した上で、雑誌広告の下敷きみたいに挟みこむと、なんと紙上のレクサスが実際にドライブしているように見えるという。
YouTubeで公開されているプロモーション動画が下のもの



確かに凄いし、格好いい。でもiPadがないとこの広告はただの雑誌広告なんですよね。それに、「動いた画を見せる」ことだけ切り取れば、iPadで直接が動画を作ってしまったほうが手っ取り早いし、制限が無くなった分、より表現力の高いモノを作ることが出来るでしょう。

じゃあ、何であえて紙でやるのか。これだけデバイスとネットワーク技術が高度に発達した社会ですから、日々紙媒体における価値は下がりつつあると考えている人は多いと思います。実際にこの業界でも元々紙媒体の広告を作ってたけど、仕事が激減して仕方なしにWEB制作にコンバートしたしてきたという人も少なくありません。でも紙媒体とWEBは同じ軸で考えられないですし、紙媒体がWEBが完全に食い合うかというとそうとも考えていません。WEBほどの表現力や広がりを持たせるは困難ですが、逆にターゲットを絞ってリーチさせるという点において紙媒体の方が長けていると感じます。

また、デジタル化が進むと、相対してアナログの価値が高くなるという現象が起きてきます。情報がバイナリという形で広く散布され入手が容易になる反動で、確固として存在するマテリアルに価値を求めるのは当然の心理だといえます。

このレクサスの広告の凄いところは、紙媒体という価値を守りつつ、先進的な技術を用いることで今まで凝り固まった「紙媒体広告」のステレオタイプを打ち破っているということです。紙媒体に限らず、こういう柔軟な発想や新しい表現方法を模索していくことはクリエイティブ業に携わるものであれば持ってしかるべきですね。