カテゴリ : 未分類

独立を志し、4月(正確には有給消化を含めて5月末)に退職してから、若干の骨休めをした後すぐさま事業を立ち上げるでもなく、まずは仕事の幅を増やそうと考えました。

今までやってきた仕事はWebディレクターという職種といい、技術的な面よりも寧ろ人と人の間に立ってプロジェクトを成功させることに重点が置かれていました。Webディレクターで独立している人はいることはいるのですが、やはり在職中に多くのコネを築き上げていた人が多く、あくまで社内プロジェクトを社内メンバー+外注で回してきた僕としてはこの部分について自信はありませんでした。

もとより、前職と同じくWebディレクターを行うのであれば、あまり独立する意味はないと考えていました。仕事を請け負ったとしても、あくまで外部の人間という扱いになるので権限も与えられない、人間関係も案件ごとにイチから築いていかなければならない、といった経験するまでも無く苦労がしのばれるからです。

なので今までの経験は経験として、やるなら今までと違うことをやろうと考えていました。その一つが自分で何かWebアプリを作ってそれを収入源にするということです。

今までWebディレクターとしていくつかのサイトを立ち上げてきましたが、僕自身に何か技術力があるわけではなく、HTML、スタイルシートくらいは出来るとしてもプログラミングについてはまったくの素人であるため、まずはプログラミングが出来るようにならねばと思い、プログラミングの習得を試みました。

プログラミングの習得にあたり、独学というのも考えましたが、決まった時間に決まった分だけ勉強する時間を確実に確保することが重要だと考え、どこかプログラミングを学べる場所はないかと探してみたところ、公共職業訓練でもプログラミング(Javaコース)を学べると知り、それに応募することにしました。

公共職業訓練に応募するメリットは主に三つ、一つは無料で受けられること、もう一つはすぐに失業給付を受けられること(既に受けていた場合でも訓練中は給付を受けられる)、そして最初の二ヶ月は月二万ほどの通諸手当が受けられることが挙げられます。

こうして公共職業訓練に応募するのですが、まず職業訓練を受けるには試験にパスしないといけません。試験内容は実施している地区で変わるかもしれませんが、僕が受けたところは国語と数学と面接が実施されていました。

募集要項には中学卒業程度の問題が出るとありましたが、実際にはもう少し簡単な問題ばかり出題されていました。数学はどちらかというと算数に近いレベルのもので時間だけが問題ですし、国語に至っては日常での読み書きが出来れば充分満点を狙える程度のものでした。面接は一人当たり5分程度で質問内容は3点で僕の場合は、

  • 職業訓練を受ける目的
  • どういう職種に就きたいか
  • 訓練中の就職活動についてどう考えているか

という内容に加え、質問はあるかというものでした。面接についてはあまり自信はありませんでしたので、もしや落ちるかもと考えていましたが、何とか合格していました。(後に聞くとプログラミングコースはかなり倍率が低いらしく、時には志望者≒定員ということもあるそうです

こうして3ヶ月の職業訓練が始まることになりました。ネットで検索すると職業訓練では殆どスキルが身に付かないだとか失業給付を伸ばすためのものといった、あまりポジティブとは言いがたい内容が多く出てきますが、個人的には受講してよかったと感じています。確かに専門的なコース、特にJavaプログラミングコースだと3ヶ月でかなりのことを詰め込まれるし、付いていけない人も多かったですが、それでも独学でやるよりも随分とスムーズに学習できたと感じています。因みにJavaプログラミングコースは3ヶ月で

  • プログラミングの基礎(データ型、制御文)
  • オブジェクト指向
  • GUIプログラミング
  • サーブレット(jsp、HTML等含む)
  • データベース
  • 卒業課題作成

を学ぶことになるので、習得するにはかなりの覚悟が必要になります。それでも環境構築の仕方から用語の意味、プログラムの手続きの流れを初心者向けに無料で解説してくれるという機会はとてもありがたいことだと思います。それに僕自身はプログラムを学ぶことがとても楽しかったので、3ヶ月で考えていた以上に色々と出来るようになり、自信にもつながりました。

独立を考えている人もそうでない人も、会社を辞めた後は職業訓練を受けてみることをおススメします。



8月のちょうどお盆のシーズンにこのブログを始めたのですが、Web制作に役立つ記事を発信していこうと思い立ち上げたこのブログ、思い返せば「Webディレクターのチラシの裏」という副題を持ちながらWeb制作のテクニックなどの記事はあまり書かず、ついつい自分の興味が行きがちなガジェット関連の記事、専らはSonyのXperia関連の記事に注力してしまいました(Sony信者だから仕方がないね)。来年はWeb制作に役立つ記事も書いていくつもりですが、Xperia関連のニュースについて今まで以上にアンテナを張り、リークされた情報等いち早く、そしてわかりやすく提供できるように腐心したいと思います。

それではこのブログを見ていただいている皆様が良いお年を迎えられるようにお祈りします。




JR西日本執行役員で神戸支社長、金平英彦氏が女子高生に対して痴漢行為を働いた疑いで逮捕され、保釈された数日後、自ら命を絶つという衝撃的な事件が起きました。

奇しくもJR阪和線でことの端を発したというのだからあまりにも皮肉が利きすぎています。そもそもJR西日本のお偉いさんが痴漢容疑で捕まったという事件を知らなかったので、いきなり結末を見せられた形となり驚きもいっそう増すばかりです。

改めて、事のあらましをネットで検索してみると、以下のように書かれていました。

逮捕容疑は21日午前7時半ごろ、JR阪和線の電車内で女子高生(17)の下半身を服の上から触った疑い。同署によると、金平容疑者は逮捕直後、「身に覚えがない」と話していたが、その日の夜になって「自分の腕が当たったかもしれない」と説明している。同署によると、金平容疑者は通勤、女子高生は通学のため、阪和線天王寺行きの電車に美章園駅から乗車。女子高生が最後尾の車両に乗り込むと、金平容疑者も同じ車両に乗車し、左後方に立った。

 美章園駅から天王寺駅までは1駅で、乗車時間は2分程度。この短い間に、女子高生は金平容疑者に約2年前から数回痴漢を受けていたと訴えている。女子高生はこの日も同じ車両に金平容疑者がいることに気付き、「今日触られたら助けを呼ぼう」と決めていたという。

 すると案の定、制服のスカートの上からお尻を触る手が。女子高生は天王寺駅に着く直前、右前方にいた男性会社員(24)に「捕まえてください」と訴えた。ドアが開くと金平容疑者はすぐ逃げ出したが、会社員が約20メートル先で取り押さえた。金平容疑者は「やってない!」と叫んでいたという。

引用元:スポーツ報知

痴漢というのは比較的冤罪が多いということで有名で、逮捕から起訴、判決まで、通常の推定無罪の原則に則れないため、被害者の証言と自白をもって有罪とする傾向があり、誰の目で見ても有罪という明確なラインを導き出せないまま終わるケースが多いと聞きます。この事件がどうかはわかりませんし考察するつもりもありませんが。

まず気になったのが世間の声というかネットでどのように語られているかでした。某巨大匿名掲示板サイトでは様々意見が書き連なっていたのですが、書き込みには「チカン男は全員死ぬべき」「被害者がかわいそう」「自宅で氏ね」という旨の意見がことのほか多かったということと、上で述べたように痴漢という犯罪はその性質上、推定無罪の形骸化どころか推定有罪になりがちで、その分冤罪が他の犯罪に比べて多いという事実もメジャーになりつつあるにも関わらず、スレの大半は痴漢行為は確定という認識を持っていることが印象的でした。引用したスポーツ報知でも「案の定」と、あたかも見てきたような口ぶりなのが気になります。

痴漢という犯罪を軽く見ているわけではありませんし、寧ろ卑劣な行為として忌み嫌っていますが、この件には多少の違和感を感じています。それは任意捜査を継続中という時点にも関わらず、さも容疑が確定したかのような報道内容も少なからず見受けられたことです。実際に痴漢行為を働いていたかもしれませんが、事実の裏づけが出来た段階で行うべきでしょう。特に影響力のあるマスコミは煽るだけ煽って問題が起きたらクチをつむぐという、無責任な報道はして欲しくない、メディアの持つ力とその責任について今一度考えるべきと思います。