本日の正午にauの夏モデル発表会が行われました。HTC製のスマートフォン『HTC J One』が今回の発表会での大きな目玉となりましたが、ソニーの『Xperia UL SOL22』も発表されましたので、このブログではそちらにフォーカスしていきます。

ul09
ul01-500x500
ul05-500x500

以下に詳細なスペックを記載します。

OS Android4.1
プロセッサ Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz(Quad Core)
ディスプレイ 5インチ(1920×1080) フルHD Reality Display
背面カメラ 1310万画素 Exmor RS camera sensor搭載
前面カメラ 約31万画素
RAM 2GB
ストレージ 16GB
バッテリー容量 2,300mAh
重量 約145g
サイズ 高さ 約 135mm×幅 約 71mm×厚さ 約 10.5mm
防水・防塵 防水IPX5 / IPX8 防塵IP5X
Bluetooth Bluetooth4.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
カラー ホワイト、ブラック、ピンク


率直に言えば、あまり面白みを感じられないというのが正直なところです。スペックは『Xperia Z(SO-02E)』とさほど変わらず、しいて挙げるなら防水機能の向上( Z:IP55/57 → UL:IP55/58 )、カメラのクイック起動でしょうか。プロセッサに新シリーズの “Snapdragon 600” を採用していればハイエンド機としても遜色なかったのですが。
『Xperia Z』と比較するよりむしろ、デザインからして先日NTTドコモから発売された『Xperia A(SO=04E)』のFHD対応バージョンと捉えるほうが良いかもしれません。 『Xperia A』についてはハナからミドルレンジモデルだと認識していていたし、実質負担額が1万程度で購入できるということもあり、それなりにニーズがありそうだと感じていたのは確かですが。
ただ、KDDIが100Mbpsの4G LTEサービスを6月から提供開始すると発表したことを考えれば、機種自体に目新しさはなくとも、充分に価値があるとも言えます。
発売は5月25日(土)を予定しており、au直営店舗にて5月21日より先行展示が開始されるとの事です。発表後すぐに発売されるのはソニーファンとしてはうれしいところ。

ソース)KDDI