二月に開催されたMWC2013で “FireFox OS” が発表され、大きな話題を呼んだことはまだ記憶に新しく、 発表の段階で既にソニーはこの新しいプラットフォームへの参入を表明しており、 2014年には製品をリリースするという予定である旨を明らかにしていました。

ソニーモバイルも“FireFox OS”搭載端末の開発を表明!2014年に端末発売か

このことについて、まずはエントリーモデルからの投入になるという予想がされていましたが、Mozilla社のモバイルデバイス担当副社長であるLi Gong氏がインタビューで、ソニーがハイエンド“FireFox OS”搭載スマートフォンの製造を計画していることを明らかにしました。Li Gong氏曰く、「ソニーは品質とユーザーエクスペリエンスで知られており、彼らは非常にハイエンドな層をターゲットとしている。 我々は現在、 彼らとそのような製品についての議論を行っている」と語っています。

FireFox OSはカーネルこそAndroidをベースにしているものの、HTML5やJavascriptといったWeb標準技術でアプリケーションの開発が可能であったり、また完全にオープンな環境を目指して作られたプラットフォームあるので、Androidよりも更に柔軟な展開が見込まれます。 Androidが飛躍したことの大きな要因ははやりオープンソースであったが為に企業やデベロッパーの参入が盛んになり、短期間で世界中に伝播したというのが大きいと考えられますが、 このFireFoxOSでも同様の現象、 もしかするとそれよりもダイナミックな展開が期待できるかも知れません。

また、日本の携帯キャリアでFireFoxOSを取り扱う意思を表明しているのはKDDIであり、NTTドコモはそれに対抗してか、Tizenを推進しています。もし日本での発売があるとしたらやはりKDDIからの販売ということになりそうですね。


ソース)Computerworld