先ほど記事にした『Xperia Tablet S』のJellyBeanアップデートについて、アメリカ、カナダ、中米での提供開始と書きましたが、日本でのアップデートも、現時点で提供が開始されていることが確認できたので、早速アップデートしてみました。

アップデートの送容量は401.6MBで、Android4.1.1へのバージョンアップ以外にもアプリケーションの更新と追加が含まれています。以下がその明細です。
-Android4.1.1対応
-アプリケーションの更新
 -ムービー、アルバム、WALKMAN
  -DLNAのコントロール機能(3Box機能)に対応
 -ムービー
  -お出かけ転送時のSDメモリーカードへの転送
 -アルバム
  -UIの改善(WALKMANやムービーアプリと同じダッシュボードコンセプトのUIデザインを採用)
 -カメラ
  -UIの改善
 -スクラッチブック
  -地図切り取り機能の追加
  -クリップウィジェットの追加
 -ブラウザー(スモールアプリ)
  -ブックマークに対応
 -TV Side View アプリケーションの追加

キャリアの制約を受けてしまと、 どうしてもアップデートが遅れがちになってしまいますが、キャリアとは関係なく販売されるWi-Fiモデルのタブレットなので、アップデートにタイムロスがなくて非常に素敵です。
早速アップデートしてみて、ほんの少しだけ触ってみましたが、今の所特に問題は見受けられません。フリック感度やスクロールアニメーションは心なしか向上した気がします。これから詳しく見てみようかと思います。