本日、ソニーから第二Qで発売が見込まれるエントリーモデル『Xperia L(C2104 / C2105)』の正式発表が行われました。

o0576057612462899073
o0576057612462899074
o0576057612462899072

デザインの特徴としては、フロントとリアにエッジが効いており、背面パネルはおなじみのアークデザインを採用。ぱっと見の印象は『Xperia E』に近い感じですかね。

なおモデル番号にC2104とC2105が用意されており、C2104がアメリカ向けモデルで、C2105が国際展開モデルとされています。なお基本的なスペックは以下の通りです。


OS Android4.1.2
CPU 1GHz デュアルコア "Qualcomm MSM8230 Snapdragon" チップセット
GPU Adreno 305
RAM 1GB
内部ストレージ 8GB
外部ストレージ microSD最大2GB / microSDHC最大32GB
ディスプレイ 4.3インチFWVGA 480×854TFT液晶
カメラ 約800万画素 Exmor RS
サイズ 約128.7×65.0×9.7(mm)
重量 約137g
バッテリー容量 1750mAh
連続通話時間 8時間30分
待受時間 498時間
連続再生時間(音楽) 43時間
連続再生時間(動画) 7時間36分

肥大化しつつあるAndroidスマートフォンにおいてコンパクトといえる部類のスマートフォンといえます(それでも一昔前だと大きめといわれるサイズでしたが)。第二Qで発売が予定されているモデルで、今後ソニーはエントリーモデルの生産をストップする意向を持っているため、安価でXperiaを手に入れる少ないチャンスといえるかもしれないので、少し気になります。


ソース)ソニー