haushan02

DogoとおなじくMWC2013で発表が期待されるソニーのミッドシップモデル『Xperia SP(C530X)』、 コードネーム “Huashun” ですが、 これまでのリーク情報から、OSのバージョンがAndroid4.1.2、 CPUには1.7GHzデュアルコアプロセッサ “Snapdragon S4 Pro MSM8960T” チップセット、GPUには "Adreno 320”が搭載されることが判明しており、 ディスプレイ解像度はHD(720p)画質であると予想されています。


“XPERIA Blog” によると、今回新たになった詳細情報については、内部ストレージは8GB(外部メモリ対応にも対応しているとのこと)、カメラの解像度は8万画素ほどで、積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」が搭載されるとの事。 また『Xperia SP』は2012年に発売された『Xperia P』の後継機種だとも言われており、端末の下部に透明パーツがあしらわれていることがわかります。この透明パーツについて、通知の種類によってイルミネーションなどをカスタマイズできるということも言及されています。


またサイズについて、以前に出回った『Xperia V』と横並びに撮影された画像からディスプレイサイズは4.5~6インチほどであると思われていましたが、それが疑問に思われる情報が入っています。
“XPERIA Blog” によると、『Xperia SP(C530X)』のサイズは縦130.6 x 横67.1 x 厚み9.98mm、重量155gとかなり重め。 5インチフルHDの『Xperia ZL(C630X)』のサイズが縦131.7 x 横69.8 x 厚み9.8mm、重量151gと、かなり似通った大きさであると言えます。確かに『Xperia ZL(C630X)』は5インチFHDスマートフォンの中では最もコンパクトなスマートフォンですが、それにしてもという感はあります。


MWCの開催も来週ですし、首を長くして待つこととしましょうか。

ソース)XPERIA Blog