一ソニーファンとしては、某米国のアップルや、某隣国のサムソンに良いようにやられているソニーの姿を見るのは忍びなかったのですが、来る2月9日にNTTドコモから発売された、ソニーのフラッグシップモデル『Xperia Z(SO-02E)』がかなり好調な売り上げをたたき出していると、産経ニュースが報じています。

ソニーの“本気”端末「エクスペリアZ」好調なスタート

記事によると、発売開始から1週間でなんと14万台もの売り上げをマークしているとのことで、商戦期である2月から3月にかけて更なる飛躍が期待できるとのことです。 ただしiPhone5は日本を含む世界9カ国で1週間で500万台の売り上げたというのだから、 やはり相当に高い壁ではありますが。

しかし、そうは言っても日本の市場のみで且つ8万円という価格設定で、ここまで売り上げるというのもやはり驚異的だといえます。 二月後半からグローバル市場での販売も開始されることですし、 トータルでどれほど販売台数を稼ぐのか期待です。

XZ


ソース)産経ニュース