『Xperia Z(SO-02E)』の発表にともない、『Xperia Tablet Z』がNTTドコモから発売されることが発表になったのは記憶に新しいことではあります。僕はその約4ヶ月前に『Xperia Tablet S』を購入したものですから、正直、「な、なんじゃあそりゃああああ」と、動揺を隠せなかったわけですが、一つだけ心を平常に保てるファクターがありました。それはやっぱり “ドコモから発売される” ということで、「月々高いスマホの月額にプラスしてタブレットの月額費用は出せないよなー」とか、「どうせ無効化出来ないドコモ謹製アプリがてんこ盛りなんだろ?」とか、イソップ童話のすっぱいブドウ的に自分に言い聞かせることで、先走って『Xperia Tablet S』を購入してしまったことに納得感を持たせていました。

が、しかし、このブログを見ているソニーファンの皆さん、喜んでください。どうやら『Xperia Tablet Z』は、モバイルネットワークを利用しない、Wi-Fi端末もリリースされる見込みが濃厚であるとこのです。というのも、ソニーモバイル製のタブレット端末『TS-0000-BV』が2012年11月8日付けで、総務省の技術基準適合証明又は工事設計認証を通過したことが明らかにされたというニュースが舞い込んできたからです。通過した条項は

  • 第2条第1項第19号に掲げる無線設備
  • 第2条第1項第19号の3に掲げる無線設備
  • 第2条第1項第19号の3の2に掲げる無線設備
で、詳しくは、総務省の電波利用ホームページの技術基準適合証明等の公示の平成24年11月前半の資料をご確認ください。

『TS-0000-BV』というのは未発表端末のメーカー型番であり、TSが冠されていることからタブレット端末、時期的に見ても『Xperia Tablet Z』であると推測できます。


ドコモスマートフォンラウンジでも実機を触りましたが、軽さや薄さを考えるとある意味『Xperia Z(SO-02E)』よりもインパクトがありました。値段は相応に高額になると思いますが、それを差し引いても良い買い物だと思います。


peritab01
peritab02