NokiavsSony

マイクロソフトの最新モバイルOS“Windows Phone 8"を搭載したノキアのフラッグシップモデルと称される『Lumia 920』と、言わずと知れたソニーの今期フラッグシップモデル『Xperia Z(SO-02E)』、それらを比較した動画がYoutubeにアップされていました。一言でスマートフォンといってもOSによって操作感や要求スペックが異なるので、カタログスペックだけでは語れず、このように実際に比較されている動画があるとありがたいですね。

非常にざっくりとですが『Xperia Z』と『Lumia 920』のスペックの対比を以下に表としてまとめてみました。やはりカタログスペック上では『Xperia Z』が何枚も上手といわざるを得ません。さすがはCES2013でベストモバイル端末だと称賛されただけのことはあります。

Xperia Z VS Lumia 920

Xperia Z Lumia 920
CPU 1.5GHzクアッドコア
Snapdragon pro S4Adreno 225
1.5GHzデュアルコア
Snapdragon S4
GPU Adreno 320 Adreno 225
ディスプレイ 5インチ フルHDディスプレイ(1920×1080)
Mobile Bravia Engine2
4.5インチ IPS液晶ディスプレイ(1280✕768)
カメラ 13MP/2MP Exmor RS for mobile 8MP/1.3MP
RAM 2GB 1GB
ROM 16GB 32GB
バッテリー 2,330mAh 2,000mAh



動画を見てみて、まず目に付いたのは『Lumia 920』の画面の発色の良さです。『Xperia Z』については実機を手にとって見たことがあるので、その画面の美しさは知っていますが、この動画を見る限り、発色のよさは『Lumia 920』に軍配があがっているように思え、どの角度から見ても美しく見えるのは素晴らしいと感じます。

タッチ感度や動作の滑らかさはどちらも素晴らしい出来ですが、こちらは『Xperia Z』の方がより滑らかでスピーディだと感じました。それでも『Lumia 920』がデュアルコアであるということを考えると、如何に“Windows Phone 8”が完成度の高いOSであるかを実感されられます。

個人的な意見ですがデザインは圧倒的に『Xperia Z』の方が好みですね。特に背面のカメラの位置が『Lumia 920』だとちょうど掌にかぶさるところにあり、片手で撮影するのに少し不便そうです。後は、端末の下部にUSBポートがあるので充電しながら使うと、少し不便そうなのも気になりました。

それでも『Lumia 920』もなかなかの良機種ですね。ソニー信者の僕としては、Xperia一択ですが、Androidに飽きた人はWindows Phone 8も良いかもしれません。