ソニーモバイルの公式デベロッパー向けブログ”Developer World”で新しいflashtoolのベータ版をリリースしたとの告知がありました。

 flashtoolについてかいつまんで説明すると、Xperiaにroot権限を持たせる、若しくはカスタムROMを入れる場合に、ブートローダーのロックを解除する必要がありますが、それらを簡単に行えるツールです。また初期化の機能も備えており、万一元に戻したいときにリカバリーツールとしても活用でき、ブートローダーをアンロックすることで発生する、「下手したら文鎮化する」「アップデートを受けられない」というデメリットを回避も可能になります。※環境を元に戻すことが出来てもデータやコンテンツは全て消えてしまいますので要注意。OSのバックアップも必須です。

ベータ版ではまずは『Xperia S』『Xperia arc』『Xperia arc S』がサポート対象となりますが、今後サポートする端末は増やしていくとのことです。


phone_connected_648x461
ソニーはカスタムROMの開発者コミュニティに対して大変友好的なスタンスですが、今回のリリースからもそれが良くわかります。