イーアクセスのLTE対応機種『GL01P/GL02P』において、不当景品類及び不当表示防止法第4条第1項第1号に違反していた件について、僕自身が該当する機種『GL01P』を持っていたこともあり、二度に渡って記事を書かせて頂きました。

E-Mobile(イーモバイル)のLTE詐欺について

渦中のE-Mobile(イーモバイル)にLTEについて問い合わせてみた

上の記事にも書いたとおり、サポセンに問い合わせたところ、代替機として『GL04P』を無償提供してくれるとのことで、それが昨晩届きましたので、とりあえず速度を測ってみました。

01
GL04Pでは理論値で70Mbpsの速度が出せるとの触れ込みですが、僕が居を構える大阪ではそもそも最大でも37.5Mbpsまでしか出せない地域なので、GL01P(最大30Mbps)に比べると少しは良くなったという感じでしょうか。

まずはGL01Pの計測結果から見てみましょう。

▼屋外での計測(GL01P)
Screenshot_2012-10-09-18-48-53

▼屋内での計測(GL01P)
Screenshot_2012-10-09-18-48-07
こちらについては以前のエントリーでも書かせていただきました。詳しくはそちらをごらんください。
E-Mobile LTEは室内と屋内でどれだけ差が出るのか?
で今回も前回のシチュエーションに近い形で計測してみました。それが以下になります。

▼屋外での計測(GL04P)
23

▼屋内での計測(GL04P)
30
ほぼ同じロケーションで、同じような時間帯ですが、計測結果はぜんぜん違いますね。検証回数がどちらも少なすぎるので必ずしも正しい結果ではないと思いますが、面白いことにGL01Pでは屋内と屋外ではっきりスピードの差が出ていたのに対し、GL04Pはダウンロードほぼ変わらず、アップロードについては屋外の方が早いという結果に。どちらも周波数帯は換わらず高周波数帯であるため、屋内が遅くなりがちなはずなんですがね。絶妙にロケーションが良かったのかもしれませんが。

 それでも、前よりかは快適にインターネットが出来そうな感じはありますし、今後のエリア拡大に期待してもう少しE-Mobileを使ってみようかと思います。また、今回の結果はあくまでも一例であってシチュエーションが変わる、もしくはより長いスパンで検証していくと違う結果になるかも知れないので、あくまで参考にとどめてくれればと思います。