『Xperia Tablet S』のスリープ時の電源オフについて、このブログでは再三にわたって記事にしてきましたが、このブログに訪れた方から「Googleの位置情報サービスをオフにすると電源落ちが解消する」というコメントを頂き、早速それを試してみました。

『Xperia Tablet S』のスリープ中に電源が落ちる不具合検証の途中経過について
『Xperia Tablet S』のスリープ時の電源落ちについて引き続いて検証してみた

22日にコメントもらいそこから4日程経過しましたが、それからスリープ時に電源が落ちることは一度もありません。設定方法はとても簡単。設定画面から「位置情報サービスメニュー」を選択し、「Googleの位置情報サービス」のチェックを外すだけです。

31
そもそもこの「Googleの位置情報サービス」とは何ぞやということですが、WiFi利用時にGoogleに位置情報(厳密にはWiFiのSSID)を送信することで、GPSを使わなくても位置情報を取得することが可能になるというものです。これを使うメリットとしては、Googleが蓄積している位置情報のデータベースと連携し、検索時に最適な結果が表示されたり、MAP利用時に近くにあるお店やスポットを検索できたりするということです。またGPSよりも安定して利用が可能とも言われています。以下のサイトに詳しくてわかりやすい説明が記載されています。

Androidの位置情報送信 何に使われてるの?送信しないようには?

電源が落ちるという点においてはこれで解消できそうですが、ただ「Googleの位置情報サービス」が利用できないことでアプリによっては機能が制限されてしまうため、問題をトレードオフするということに留まります。今後のアップデートで抜本解決がされると良いのですが。