このブログを始めたのは8月の中旬だから、3ヶ月以上は経過したということになります。初めはWEB制作のトピックスがメインでしたが、僕自身がガジェットマニア、特にソニー信者ということもあり、Xperia関連のガジェットニュースを記事にしだしてからというもの、ガジェット系の記事がメインのコンテンツとなりました。特にここ最近に関していえば来年発売予定のXperia「Yuga」「Odin」のリークが活発な時期で僕自身も興奮状態で新しい情報を探し、記事にしてきました。Xperiaの人気のおかげか、このブログも初めて3ヶ月という期間では相応以上にアクセスしてもらえる様になりました。

しかしここにきて、YugaもOdinの情報もめぼしいものは出尽くした感があり、ネタを探すのが難しくなったというのは否めません。それでも世のニーズがどうであれ毎日更新することがアクセスアップには必要な措置だと考え、無理にでも記事を更新することに努めてきました。それはブログを始める前に様々な先輩方のエントリーを拝読して導いた結論なのですが。

毎日更新すると、ブログアクセスが増える理由
ブログは続けることが大切「ブログに何を書いたらいいの?」

これらの記事について、必ずしも間違っているとは考えていません。しかし3ヶ月ブログを運営してみて、必ずしも更新がアクセスアップにつながるかというとそうではないと考えるようになりました。

ga

上の画像はGoogleAnalyticsの今月の訪問数の推移ですが、今月の中旬にかけてアクセスが順調に上昇していたのが、そこから現在にかけて下降線をたどっているのがわかります。

 さすがの僕自身もこの落ち具合にはあせりを感じているわけですが、ここ数日間で大きく違うのは、オーガニック検索の数値です。一番アクセスが多かった17日と昨日21日を比較すると取り巻くアクセス環境が変わったことが見て取れます。

▼17日と21日のオーガニック検索
ga2
ga3

▼17日と21日のオーガニック検索のキーワード比較
ga7
ga8

▼17日に最もアクセスが多かったページの比較
ga4
ga5

  純粋なオーガニック検索の数値は17日と21日を比較すると3分の1以下の数値になっています。上位のキーワードの種類はそこまで変わりませんが、明らかに数が少なくなっているのがわかります。17日の最もランディングが多かったページについても同様です。ここ数日でGoogleの検索基準が大きく変わったとも考えにくいので、自然とこのブログに原因を求めることになるのですが、考えられるのは以下の二点かと。 
  • 訪問者のニーズの高かったトピックスの更新がなかった
  • 人気の高かったキーワード率が下がったことにより検索結果に影響が出た

確かに、ここ一週間ほどは人気の高いキーワードに関連したトピックスではない記事を書いていました。それがここまでアクセス数に直結するとは思いませんでしたが。また今回比較した期間でいうと、リピーター数は伸び傾向ですが、新規ユーザー数が減少していることから、キーワード自体の旬が過ぎたとも考えられなくはありませんが、そこまで一過性の高いトピックスばかりでもないので、熱が冷めるには期間が少し短いような気がします。

なので、更新性の高さは訪問者にとってニーズの高い情報に限り重要であり、そうでないトピックスでの更新は却ってマイナスになる可能性があります。もちろん将来的にロングテールでのアクセスが期待できるという点では意味はあると思いますが。

昨今のGoogleのペンギンアップデートやパンダアップデート以後から、そのサイトの専門性の高さが重視されているような気配がします。広く浅いコンテンツを大量に保有する大規模なサイトよりも浅く深いコンテンツを持つ小規模なサイトの方が局所的な検索結果では勝ちを広い安くなっているということです。

 ソニーさん、もっとXperia関連の情報をください(切実)。