都市型フェス『KAIKOOOOOOOOOOSAKA 2012』に言ってきました。13時から受付開始で先着100名にPOPGROUP謹製福袋がプレゼントされるということなので、とりあえず12時半すぎに並んでみました。その時点ではそんなに行列が出来ているわけではなかったので、福袋も難なくGETできました。

DSC_0046
DSC_0048
中身はハンドタオルに、ステッカー4枚、CD4枚、DVD1枚でした。無料の福袋なのでもとよりそんなに期待はしていませんでしたが、ボリューム的には結構ある感じです。

15時から開演なので結構な時間が空くため、一旦帰宅をしました。都市部に住んでるとこういうときにメリットを享受できます。そうでなくても都市型フェスなので周囲には時間をつぶせる施設にはこと欠かない為、待ち時間はそんなに苦にならないと思いますが。

15時になり再度アメ村に向かいライブを楽しむことにしました。僕が見に行ったアーティストは以下の通り。

  • 流血ブリザード
  • 志人
  • DAMAGE
  • HEAD BANGERZ
  • kireek
  • Shing02
  • 環ROY

全体通して非常に満足しました。特に良かったのが、流血ブリザードShing02環ROYですかねー。流血ブリザードはイロモノ的なものも見といたほうがいいと思って行ったんですが、なかなか良かった。もちろんイロモノには違いないですが、演奏は意外にもきっちりしてて、ライブパフォーマンスも素晴らしかったです。大阪出身だけあってMCも面白かったですしね。

Shing02はこのイベントでも目玉となるアーティストだけあって観客も非常に多かったですね。未発表曲の披露から「Battlecry」「Luv(sic)」「真吾保管計画」「誰も知らない」「400」「銃口」などおなじみの曲までサービス精神満点のライブでした。40分ほどでしたが、とても濃い時間で、これだけでも充分すぎる程、チケット代以上の価値があったと感じました。

環ROYは、やっぱりライブ上手だなーと感じました。ヒップホップのライブで一言一句聞き取れるということはやっぱ凄い。(KAIKOO全体とおしてPAがめちゃくちゃ良い仕事をしていたというのもありますが)ステージから降りてパフォーマンスしてくれるなど、ファンサービスも手厚い感じでした。曲は「Break Boy in the Dream」から始まり最新アルバム「あっちとこっち」の曲を中心に演ってくれました。

逆に残念だったのがDAMAGE。5、6年ほど前にライブをみたことがあってそのときはニューウェーブっぽいロックにエレクトロをうまく融合させた感じで、純粋に格好良いと思ったんですが、今回久々にみた率直な感想は、「なんか凄いチャラい」です。観客も女の子が多かったし、客層もひときわ若い感じがしました。凄く盛り上がってたので、時代にマッチしているのかもしれませんが、30目前のおっさんにはキッツい感じですね。

来年も大阪ややるなら是非行きたい。そう思えるほどに良いイベントでした。