本日はauの冬モデルの発表日です。ドコモユーザーなので余り気にしていなかったのですが、なかなかに思い切った発表会となったみたいなので、一応記事にしておきます。

au_winter
au 新商品 発表会

今回の発表の目玉は以下の3点でしょうか。

  • 5インチフルHDの「HTC J Butterfly HTL21」の発表
  • WiMAXの打ち切り
  • ついにガラケー0

「HTC J Butterfly HTL21」については、今回のラインナップでも異彩を放ってますね。5インチフルHDに目が行きがちですが、クアッドコア搭載、RAM2GBの他の端末の追随を許さない高性能っぷり。間違いなく目玉商品といえます。


WiMAXもやめちゃうみたいですね。冬モデル以降の端末はすべてLTE対応ということになります。WiMAXとLTEって何が違うの?という人もいると思いますが、一言で言うとLTEが携帯電話回線を使っためちゃ早い通信規格WiMAXがモバイルデータ通信のめちゃ早い通信規格という違いがあります。詳しい説明は長くなるので、以下のサイトがわかりやすいのでそちらを参考にしてください。

高速通信サービス「LTE」とは―WiMAXとの比較、ドコモ・auなどキャリアの計画まとめ【更新】


そして、新機種のラインアップにガラケーは0。これも時代の流れか…。 ドコモもソフトバンクも申し訳程度ですが、ガラケーも一応リリースします。 そういえばドコモは夏モデルの発表のときはガラケーはなかったけど、冬モデルで復活しましたね。発表しても誰も注目しないけど、無いなら無いで物足りない。それがガラケーなのかもしれません。でもどうせ出すんなら、もっとアグレッシブなのを出して欲しいですね。かの変態機種「F-07C」みたいな。