スマートフォンアプリなんかを開発していると避けて通れないのが実機確認。サイトと違って面倒なのが、マーケットに登録前のプログラムを実機にインストールしなければならない点です。今日は久々に数台のAndroidテスト端末の追加を行ったのですが、地味にてこずってしまったので備忘録として残しておきます。

実機転送の方法はいろいろとありますが、ここではオーソドックスなadbコマンドを使ったターミナルによるインストール方法を記載しておきます。※Android SDKはインストールしてある想定です。


端末の設定を変更する

まずやらなきゃいけない点として、Androidの設定を変更しておきましょう。
  • 設定 > アプリケーション > 開発 > USBデバッグにチェックを入れる
     ※OSのバージョンによってメニュー項目が若干異なります。
  • 提供元不明のアプリにチェックを入れておく

端末とPCをUSBでつなぐ

USBデバッグにチェックが入っている状態で、PCにつなぐと、ドライバのインストーラーが自動的に立ち上がってインストールを開始します。
ドライバをインストールしても、デバイスが※ADB(Android Debug Bridge)と接続できないとプログラムの実機転送コマンドが出来ないので、その設定を行う必要があります。
※Android開発におけるデバッグツール

adb_usb.iniを作成し、ベンダーIDを追加する

USBデバッグモードでドライバをインストールできない、もしくはデバイスが認識されない場合は、adb_usb.iniにベンダーIDを追加する必要があります。
まずはコマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドでディレクトリを変更して下さい。
cd C:¥Program Files¥Android¥android-sdk¥tools
※実際にAndroidSDKがインストールされてある場所のtoolsディレクトリを指定してください。
次にadb_usb.iniファイルを作成するコマンドを入力します。
android update adb

これで、以下にadb_usb.iniが作成されます。
Document & setting\<Username>\.android\
作成されたadb_usb.iniをテキストエディターで開き最終行に、ベンダーIDを記載して保存します。

ベンダーIDの調べ方はデバイスマネージャから調べることが出来ます。
コントロールパネル>システム>デバイスマネージャーからデバイスマネージャーを開きます。
VID01

右クリックでプロパティを選択し「詳細」タブを開きます。ここのプロパティでハードウェアIDを選ぶと、値が以下の洋に表示されます。赤枠の部分がベンダーID(VID)です。
VID02

ベンダーIDをiniファイルに書き込んだら、これでやっとデバイスがADBと接続できるようになります。

ADBに接続できているかどうか確認する

確認の為にADBコマンドを試します。$マークが表示されればOK。
C:\Program Files\Android\android-sdk\platform-tools>adb kill servevr
C:\Program Files\Android\android-sdk\platform-tools>adb shell


実機転送コマンドを使ってインストールする

いよいよ実機転送の段になってきました。実機をUSBでつないだ状態で、以下のコマンドを入力して下さい。
C:\テストプログラムの保管場所>adb install テストプログラム名.apk
※あらかじめテストプログラムの保管場所にチェンジディレクトリしておいて下さい。
結果がSuccessで、無事インストールが完了されます。

 久々にやったので、かなりてこずりました。Androidは一々新しい機種でテストするたびに、ドライバのインストールや設定を追加していくのが結構面倒ですね。iPhoneはiPhoneでこれまた面倒なのですが。。