前回のエントリーでは、購入直後ということもあり、余り十分に操作していなかったこともあり、比較的ポジティブな感想を掲載しました。

前回のエントリー:『Xperia Tablet S』を購入したのでレビュー

今回は一日触ってみて気になった点というか、少しネガティブな面をレビューしようと思います。


電源ボタンの効きがいまいち悪い

 これは初期不良の線も考えられますが、とにかく効きがよくないです。バックライトオフから電源ボタンを押してバックライト点灯するまでにちょっとタイムラグがあるくらいなら許せるんですが、何度も押さないと効かないこともあり、そうかと思えば少し強めに押すと、「シャットダウンしますか?」と聞いてきたり、ちょっとイライラします。まあそんなに大した事でもないんですが。

バックライトオフ→オン時のWiFiの接続のまでの時間が長い

バックライトオフ時にWiFiの接続が切れるのか、立ち上げた直後にネットにつなごうとすると、よく接続エラーを起こします。大体時間にしてほんの十数秒程度なんですが、オンラインで何か作業してて、ちょっと中断して「さあ始めようか」と思ったときにこの現象にぶち当ると出鼻をくじかれた思いがして腹が立ちます。
もしかしたら設定如何でなんとかなるかもしれませんが、気になりました。
(2012/9/19追記)設定を調べてみましたが、バックライトオフのWiFi切断は避けられないようです。残念。

プリインストールされているSociallife(SONY製)が微妙

 このアプリは、「Facebook」、「Twitter」、「YouTube」、ニュースサイトに投稿された最新情報を一覧で管理することが出来るというものですが、ためしにアカウントを登録してみたのはいいのですが、何かしょっちゅうエラーを起こして停止します。
また、アプリの性質上、バックグラウンドで動き続けるので、意図せぬとことで勝手にエラーを起こして他の操作中にエラーのメッセージが上がってきたりしてウザイです。何より立ち上げた第一声が最新版に更新してくれとのことだったので、最新版をインストールしたのにも関わらず、あらゆる機能で「古いバージョンには対応していません」とはどういう了見だ!と文句を付けたくなります。アンインストールできないのも大きな欠点。

まあ、使い始めて日も浅いので、今の所感じた不満点はこんなところですね。総評としては、「買ってよかった」と思えるくらいには良好です。以上レビューでした。


追記:システムアップデートにより、上記に挙げた内容は多少なりとも改良されています。

【朗報】システムアップデートで『Xperia Tablet S』の不満点が解消