『冷たい熱帯魚』という映画をご存知だろうか?

僕は普段から映画を見ることはめったに無いが、HipHopグループ「ライムスター」の宇多丸氏(現在では映画評論でもおなじみだが)がこの作品を絶賛しており、かねがね彼のロジカルな映画評論に感心していた僕は、この作品にとても興味を惹かれ、近所の某ツタヤでレンタルしてきたのである。

この作品は、1993年に実際に起きた埼玉愛犬家連続殺人事件をベースにしている映画作品であり、『ヒミズ』や『愛のむき出し』でおなじみの園子温(そのしおん)が監督を務めている。

ざっくりとした話の流れは、静岡で小さな熱帯魚店を営んでいる社本が、娘の万引きをキッカケに同業を営んでいる村田という男と関わることになる。そしてこの村田が引き起こす一連の殺人事件に巻き込まれ凄惨な結末を迎えてしまう、といった感じ。

本作品を見た感想なのだが、とても刺激的な描写(グロともいう)とスリリングな展開で目が離せないのは確かだし、かなり楽しめたのだけど、絶賛するほど良い映画かと言われるとなんか微妙。元となった事件のWikiを見た時は言い知れぬ恐怖を感じたものだが、この作品からはそこまでの恐怖を感じることは無かった。

なぜかと言えば、元になった事件というのは、あくまでも殺人という行為は問題解決の為にすることであり、殺人行為そのものに愉悦を感じているわけではなく極めて現実的な動機であることに対し、その躊躇の無さや徹底した、それも通常の神経では思いも付かないような残忍な証拠隠滅方法 ― それを狂っていない正常な人間が実行できることに現実味があり恐怖を覚えたのだ。もちろん、本作品でもその点はある程度留意して作られているとは思うのだが、如何せん映画というエンターテイメントとして表現する以上物語に味付けをしなければならず、その点がどうしても上記を阻害しているように思える。端的に言えば狂人の犯行のように思えるのだ。例えば、劇中での死体の解体描写。ありふれた日常感を出したいが為の演出なのかも知れないが、村田夫婦は作業中実に和気藹々としている。しかし傍から見れば解体作業を楽しんでいるようにしか見えず、どこにでもいる普通の人間が残忍な行為をしているというよりは殺人嗜好の狂人のように見えてしまう。その他にも行為そのものを楽しんでいるように見える描写は少なくは無かった。

また、事件の猟奇性を直接的に画で表現しているが、これにも一因があるように思える。確かに非常に刺激のある画なのだがどこと無くチープ感があり、また劇中で村田が言っていた「こんなのは慣れなんだよ」というように、絵面としてはどの殺人でも大して変わらないため、確かに終盤には画としての刺激は薄れてしまった。あくまで僕個人はということだが。

後は物語の展開についてだが、正直村田が社本を巻き込んだ理由が全然理解できない。はっきり言ってリスク以外の何者でもないはずなんだが、何故か知り合って間もない社本をいきなり殺人に巻き込み証拠隠滅の手伝いをさせる。元の事件での社本のモデルとなった人物は元々犯人の部下であり、また群馬の人里はなれた山奥に住居を構えていたことから、事件に巻き込むメリットが理解できる。でも社本は赤の他人であり、しかも言ってしまえばご近所さんな訳で、事件に巻き込むと秘密が漏洩してしまう恐れがあるだけで、メリットがどこにも見つからない。

また、物語の序盤で村田は社本の妻を手篭めにかけるのだが、そのシーンにも納得がいかない。村田)奥さんの境遇に同情しますよ→村田)脱げ→嫁)嫌嫌→村田)暴力→嫁)もっと殴って(^q^) という流れなんだけど、イヤイヤねーだろ、と思ってしまった。このように少々不自然に思える描写も多くはないが確かにあった。

とは言いつつも、決して駄作ではなく、むしろ良作と言って良いと思う。感動もメッセージ性もエンターテイメント性も0点、その代わり刺激やスリル、エロスは満点といった作品。上でも書いたけど、かなりキツいグロ描写があるので、苦手な人は見ない方がよいですが。


独立を志し、4月(正確には有給消化を含めて5月末)に退職してから、若干の骨休めをした後すぐさま事業を立ち上げるでもなく、まずは仕事の幅を増やそうと考えました。

今までやってきた仕事はWebディレクターという職種といい、技術的な面よりも寧ろ人と人の間に立ってプロジェクトを成功させることに重点が置かれていました。Webディレクターで独立している人はいることはいるのですが、やはり在職中に多くのコネを築き上げていた人が多く、あくまで社内プロジェクトを社内メンバー+外注で回してきた僕としてはこの部分について自信はありませんでした。

もとより、前職と同じくWebディレクターを行うのであれば、あまり独立する意味はないと考えていました。仕事を請け負ったとしても、あくまで外部の人間という扱いになるので権限も与えられない、人間関係も案件ごとにイチから築いていかなければならない、といった経験するまでも無く苦労がしのばれるからです。

なので今までの経験は経験として、やるなら今までと違うことをやろうと考えていました。その一つが自分で何かWebアプリを作ってそれを収入源にするということです。

今までWebディレクターとしていくつかのサイトを立ち上げてきましたが、僕自身に何か技術力があるわけではなく、HTML、スタイルシートくらいは出来るとしてもプログラミングについてはまったくの素人であるため、まずはプログラミングが出来るようにならねばと思い、プログラミングの習得を試みました。

プログラミングの習得にあたり、独学というのも考えましたが、決まった時間に決まった分だけ勉強する時間を確実に確保することが重要だと考え、どこかプログラミングを学べる場所はないかと探してみたところ、公共職業訓練でもプログラミング(Javaコース)を学べると知り、それに応募することにしました。

公共職業訓練に応募するメリットは主に三つ、一つは無料で受けられること、もう一つはすぐに失業給付を受けられること(既に受けていた場合でも訓練中は給付を受けられる)、そして最初の二ヶ月は月二万ほどの通諸手当が受けられることが挙げられます。

こうして公共職業訓練に応募するのですが、まず職業訓練を受けるには試験にパスしないといけません。試験内容は実施している地区で変わるかもしれませんが、僕が受けたところは国語と数学と面接が実施されていました。

募集要項には中学卒業程度の問題が出るとありましたが、実際にはもう少し簡単な問題ばかり出題されていました。数学はどちらかというと算数に近いレベルのもので時間だけが問題ですし、国語に至っては日常での読み書きが出来れば充分満点を狙える程度のものでした。面接は一人当たり5分程度で質問内容は3点で僕の場合は、

  • 職業訓練を受ける目的
  • どういう職種に就きたいか
  • 訓練中の就職活動についてどう考えているか

という内容に加え、質問はあるかというものでした。面接についてはあまり自信はありませんでしたので、もしや落ちるかもと考えていましたが、何とか合格していました。(後に聞くとプログラミングコースはかなり倍率が低いらしく、時には志望者≒定員ということもあるそうです

こうして3ヶ月の職業訓練が始まることになりました。ネットで検索すると職業訓練では殆どスキルが身に付かないだとか失業給付を伸ばすためのものといった、あまりポジティブとは言いがたい内容が多く出てきますが、個人的には受講してよかったと感じています。確かに専門的なコース、特にJavaプログラミングコースだと3ヶ月でかなりのことを詰め込まれるし、付いていけない人も多かったですが、それでも独学でやるよりも随分とスムーズに学習できたと感じています。因みにJavaプログラミングコースは3ヶ月で

  • プログラミングの基礎(データ型、制御文)
  • オブジェクト指向
  • GUIプログラミング
  • サーブレット(jsp、HTML等含む)
  • データベース
  • 卒業課題作成

を学ぶことになるので、習得するにはかなりの覚悟が必要になります。それでも環境構築の仕方から用語の意味、プログラムの手続きの流れを初心者向けに無料で解説してくれるという機会はとてもありがたいことだと思います。それに僕自身はプログラムを学ぶことがとても楽しかったので、3ヶ月で考えていた以上に色々と出来るようになり、自信にもつながりました。

独立を考えている人もそうでない人も、会社を辞めた後は職業訓練を受けてみることをおススメします。